LIDL Connectのアクティベーションの話とか

2016.08.24 Wednesday
0

    今日は、LIDL Connectのアクティベーションの仕方の話でも。

     

    先ずは、LIDL Connectのサイトの右側にあるAls Neukunde freischalten(新規顧客で登録)ボタンをクリックします。

    LIDL Connect

    このボタンは目立たないので、見逃しやすいですw

     

    それか、リンク先のこちらの登録ページから直接どうぞ。

     

    登録には、SIMのプラスチックカードに記載されているLIDL Connect Rufnummer(電話番号)とFreischaltnummer(アクティベーションコード)を入力して、Freischaltenボタンをクリックします。

    LIDL Connect

     

    入力内容が正しければ、ユーザー情報の登録画面に移動します。

    LIDL Connect

    初期の料金コースは買ったSIMで決まっているので、その内容が表示されます。料金コースは登録後に変更することも可能ですが、最初の1ヶ月はアクティベーションしたコースが適用されるので注意。

     

    下の方の入力項目はこんな感じ。

    LIDL Connect

     

    Anredeは呼び方なので、女性はFrau、男性はHerrを選択。Vornameは名前、Nachnameは苗字(姓)を入力します。Straße/Hausnummerは通りと番地、PLZ/Ortは郵便番号と市町村名を入力します。ちなみに、住所にはチェックが入りますので、ドイツの実在する住所を入力します。Geburtsdatumは生年月日で、Tagに日、Monatに月、Jahrに年を西暦で入力します。E-Mail-Adresseは、そのままメールアドレスですね。E-Mail-Adresse wiederholenは、メールアドレスの確認なので、同じアドレスを再度入力します。Passwortには、適当なパスワードを入力します。Passwort wiederholenはパスワードの確認なので、同じ物を再度入力します。パスワードは8から16文字で、数字と大文字、小文字が含まれている必要があります。

     

    入力が完了したら、Weiterボタンをクリックして先に進みます。

     

    次は、自動チャージの設定です。

    LIDL Connect

     

    自動チャージを設定する場合は、適宜設定します。これも登録後に変更可能なので、特に必要がなければ、自動チャージ無しのOhne Aufladung fortfahrenを選択します。

    LIDL Connect

    Weiterボタンをクリックすると、先に進みます。

     

    最後は、登録内容の確認です。

    LIDL Connect

     

    下の方に契約内容への同意(Allgemeine Vertragsbedingungen und Wiederrufsrecht)があるので、*印のついたオプションは選択する必要があります。

    LIDL Connect

    Nutzung von Datenは個人情報の利用に関するオプションなので、特に同意する意思がなければ、選択する必要はありません。

     

    Weiterボタンをクリックすると、登録処理は終了です。

     

    と言いたいところなのですが、私の場合は最後にエラーが出て、無料のサービス番号に電話するようにメッセージが表示されましたw

     

    何回か試して同じ結果だったのでサービス番号に電話しようと思ったのですが、ふと見ると、アクティベーション完了のメールが届いていました。

     

    内容はこんな感じ。

     

    Herzlich Willkommen bei LIDL Connect.
    Ihre SIM-Karte wird für Sie freigeschaltet und ist innerhalb der nächsten 30 Minuten nutzbar. In seltenen Fällen kann sich die Freischaltung um bis zu 24 Stunden verzögern. Sollte Ihre SIM-Karte nach 24 Stunden nicht freigeschaltet sein, wenden Sie sich bitte an die LIDL Connect Kundenbetreuung.

    Wir wünschen Ihnen viel Spaß mit LIDL Connect!

    Mit freundlichen Grüßen


    Ihr LIDL Connect Team

     

    「通常は30分以内に使用可能になるけど、たまに24時間ぐらいかかることもあるから、24時間待っても使えない場合はカスタマーサポートに相談してね。」って内容ですね。

     

    私は登録でエラーが出て何回か試していたので、このメールを読んだ時には既に開通してましたけどw

     

    そんなわけで、アクティベーションの手続き自体は他のプリペイドSIMと同じですね。最後のエラーは、LIDLとVodafoneのサーバー間の通信の問題で、Vodafone側でアクティベーションの情報を受理した後で、LIDL側への返信がタイムアウトして発生した感じでしょうか。

     

    まあ、開通したから細かい事はどうでもよいのですがw

    ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

    プリペイドSIM LIDL Connectの安売りの話とか

    2016.08.23 Tuesday
    0

      前に書いた記事がこちら。

      プリペイドSIM LIDL Connectの話とか

       

      Webサイトはこちら。

      LIDL Connect

       

      前の記事で書きましたが、ディスカウンターと呼ばれるスーパーのLIDLのプリペイドSIMは、今はVodafone系になっています。以前は、O2系でLIDL MOBILEと言う名前でした。

       

      私も少し前からSMART Sという料金コースのSIMを買って使っているのですが、通常価格は10ユーロのチャージ付きのスターターパックが9.99ユーロになっています。

       

      で、今週27日までは、そのスターターパックが値引きで4.99ユーロとなっています。

       

      4.99ユーロで買うと10ユーロ分のチャージが付くので、Vodafone系を試してみたい場合は良い機会かも知れませんね。

      ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

      Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか

      2015.12.12 Saturday
      0
        家にあるPCで、居間のテレビにつなげてある子供用のものとかは、ebayで買った中古の部品を寄せ集めて組んだハードウエアに、Windows VistaやUbuntuを入れてあります。で、もちろん古いハードウエアなので、子供から苦情が来ます。

        「パパァ」
        「ん、なに?」
        「ほら、これ。動きが遅いんだけど。」
        「ああ、そのPCで、フラッシュ使ったゲームとかは、ちょっと無理w」
        「ちっ、しょうがないなぁ。YouTubeでビデオでも見ようっと。」
        「親に向かって、舌打ちすんの止めろw で、なんか面白いビデオでもある?」
        「いや、見るのはたけし城に決まってるから。」
        「ああ、そうっすかw」
        「あーっ、もーっ、ビデオがカクカクするぅぅぅぅぅぅ!!!」
        「いや、だから、ネット動画とかも駄目だからw」

        こんな感じで、ローカルにインストールした古いゲームは動くものの、今時のインターネットのような日常の使い方には全く向かないPCだったりするわけですw

        でも、居間のテレビにつなげてあるからには、インターネットでビデオを見るぐらいはまともにできないとあれなので、代わりのPCを何台か買いました。

        まあ、またebayで、リース落ちの中古を買ったわけですがw

        ハードディスクにリストア領域なんかがあって邪魔なので、フォーマットしてOSをクリーンインストールしなおすのですが、後で何かあった時のために、とりあえず初期状態をWindows Home Serverにバックアップしておくことにしました。Windows Home Server 2011(以下WHS)については今まで何度か書いたことがありますが、基本的には画像などのデータの保存と、家族のPCのバックアップにしか使っていません。

        で、WHSに接続するためにコネクターをインストールしてバックアップを開始するのですが、始めの1%のところでエラーとなり、何回やってもバックアップできない状態に。一方、今まで家にあった他のPCでは、全く問題なし。原因が分からずに悩んだのですが、ネットで検索して、理由が分かりました。

        参考に読んだ記事は、これ。
        Backup mit Windows Home Server 2011 klappt nicht

        えーっと、UEFIベースのGPTパーテーションを使ったシステムには、WHSのバックアップが対応していないって事なんですね。

        ふーん、そうなんだ、全く分からんw

        まあ、細かい事はどうでもよいので、記事のリンク先から、使用する事をMicrosoft自身があまり推奨していない修正プログラムKB2781272をダウンロードして、インストールしますw

        メインのページは、ここ。
        A hotfix is available to add backup support for UEFI-based computers to back up to servers that are running Windows Home Server 2011

        そこのHotfix Download Availableから、ダウンロードページに移動できます。
        修正プログラムのダウンロード

        3つ選択肢がありますが、必要なのは一番上だけです。

        で、自分のメールアドレスを2回入力して送信するとダウンロードURLが送られてくると言う、一般的な修正プログラムとは違うやり方で、なんかインストールする気が失せるぐらいの怪しさw

        それでもインストールは普通に済んだので、とりあえず再起動して、クライアントPCをつなげてバックアップを開始しようと思ったのですが、なんか上手くつながらない様子。

        やべーっ、やっぱり、怪しい修正プログラムだったかもw

        もしかしたらと思いWindowsアップデートをかけたら、最新の状態のはずなのに修正プログラムが見つかったので、迷わずインストール。再起動したら、接続したクライアント側でコネクターをアップデートするようにメッセージが出るようになったので、コネクターをインストールしなおして、やっとバックアップできるようになりました。

        この作業だけでも大変だったのですが、昨日書いたWindows 10の更新と平行して作業していたので、重なる問題に泣きそうでしたw

        そんなわけで、WHSでのバックアップ作業で問題があったときのための、自分用メモでした。

        まあ、Microsoftに見捨てられたおかげで何かと面倒くさいWHS 2011はそろそろ終わりにして、Windows Server 2012 R2 Essentialsに移行すべきか考え中だったりしますが、そのインストール作業も面倒くさいので保留中w

         
        8408
        7219
        7050
        ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

        Windows 10をバージョン1511に更新してみた感想とか

        2015.12.11 Friday
        0
          家のPCは子供とかみさんが使っている2台だけWindows 10に更新してあるのですが、アップデートでバージョン1511が来ていたので、インストールしてみました。

          率直な感想: 「時間かかり過ぎwww」

          いやー、作業時間の見積もりが甘すぎました。
          と言うか、やり方を間違ったw

          2台ともダウンロードを開始したのですが、Windows 10のアップデートってダウンロードするファイルのサイズが表示されないので、時間が読み難いところがあります。おかげで、家の遅い回線では、ダウンロードだけで時間がかなりかかりました。で、ダウンロード後にファイルの展開とかするみたいで、インストールも予想より時間がかかったりして。

          うーん、これは明らかに、前もってインストールメディアを作成しておくべきでしたね。1台だけならアップデートとしてダウンロードしても良いと思いますが、2台以上アップデートする人は、最初からインストールメディアを作成してインストールした方が楽だと思います。

          そんなわけで、やり方はこの辺で。
          「Window 10のダウンロード」ツールでWindow 10インストール用のUSBメモリを作る

          ダウンロードサイトは、こちら。
          Windows 10 を入手する

          詳細の説明は、この辺でどうぞ。
          Windows 10のメジャーアップデート、ビルド10586では何が変わった?

          今回の更新は、アップデートと言うよりも、OS全体の更新インストールみたいな感じですね。なので、それなりに心の準備をしておかないと、痛い目にあうかも。と言うか、痛い目にあったしw

          今後、知り合いの分とかも含めてあと4台は更新するはめになると思うので、素直にインストール用のUSBメモリを用意しておくつもりです。それと、念のためにインストール前にWindows Home Serverの方にOSごとバックアップを作っておきましたが、作業前にはその辺りも考えておいた方が良いかも知れないです。

          それと、インストール後に特に不具合は見当たらなかったのですが、気になった点が一つだけ。

          更新後に、PDFファイルの関連付けが、Microsoft Edgeに変更されているのは何故だwww

          私はAdobeもそれほど好きじゃないのですが、PDFだけはAcrobat Readerで開かせてくださいw

          追記: インストール用のUSBメモリを使ってインストールした時はPDFファイルの関連付けが変更されなかったので、アップデートからインストールした場合だけの挙動みたいですね。
          ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

          WindowsアップデートでOutlook 2010が強制的にセーフモード起動する問題のこととか

          2015.12.10 Thursday
          0
            先月やらかしてくれたMicrosoftですが、今月もアップデートに何か仕込んでくれたみたいですw

            個人のPCで使っているのはOutlook 2010なのですが、起動するとレイアウトがリセットされて、メールの表示フレームが隠れるようになってしまいました。メニューから再選択するとメールの内容もフレームに表示されるようになるのですが、Outlookを終了してまた起動すると、再設定したはずの表示フレームが、また隠れている状態でした。

            なんか変だと思いよく見ると、上の方に表示されているプログラム名の横に、(abgesicherter Modus)って表示されていました。abgesichert(アプゲジッヒャルト)は安全が確保されたという意味で、Modus(モードゥス)はそのままモードなので、日本語だとセーフモードって意味ですね。まあ、語源からそれが本当に日本語かどうかは別にしてw

            でもこれは、ドイツ語でコンピューターを使う人にはそこそこ使う機会のある単語なので、覚えておいて損は無いと思います。

            とりあえずセーフモードでも一通りの操作はできるのですが、メールの内容を確認するのに、起動するたびにメニューからフレームを表示させるか、メールを1つずつ選んで開かないとならず面倒なので、解決策をネットで検索してみました。

            えーっと、なんか、12月8日に出たアップデートのKB3114409が原因らしいですw

            対策として今回は、コントロールパネルから更新プログラムを削除しました。やり方は、コントロールパネルからプログラム、プログラムと機能、インストールされた更新プログラムと選択し、表示される更新プログラムのリストからKB3114409を見つけて選択したら、アンインストールボタンをクリックするだけです。

            いやー、なんかさぁ、こう連発されると、意図的に嫌がらせされているような気になりますね。「今更、Windows 7とOffice 2010なんか使ってんじゃねーぞ、ゴルァ。システム更新して、もっと金落とせや!」って感じw
            ドイツ携帯、PC、家電関係comments(10)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

            日本に帰国した時に使ったプリペイドSIMの話とか

            2015.12.04 Friday
            0
              昨日の空港ネタで、もうひとつ思い出したw

              日本出張で使うSIMをドイツに居るうちに調べたのですが、どうもピンとくる物がありませんでした。データ通信だけだと色々とあるのですが、取引先や訪問先との連絡のために通話も必要で、両方できるSIMだと選択肢ががくっと減ります。レンタル携帯でもよかったのですが、返却やドイツに戻ってからの会社での精算が(明細が届くまで時間がかかるため)面倒なので、今回は買い取り式のプリペイドSIMに限定してみました。

              そんなわけで、最終的に選択したのはこちらの会社のSIM。
              モバイルコミュニケーションサービスカウンター

              窓口は、羽田空港の国際線到着口から出て右側。
              羽田空港国際線ターミナル2階到着ロビー

              使ったのは、このSIMですね。
              音声通話にも対応した話題のアンドロイド用プリペイドSIMカード

              日本滞在は実質3日だけだったのですが、5000円のSIMにしました。細かい内容は覚えていないのですが、確かデータ通信が500MBで、通話が11分ぐらいだったような気がします。回線はソフトバンクで、通話分はソフトバンクのプリペイドチャージで追加できるとの事でした。

              と言うか、これって普通にソフトバンクのプリペ(略

              購入後に開通作業を窓口でやってくれるのですが、少々時間がかかるので、購入時には注意が必要です。パスポートなどの日本の身分証明書を持っている場合は、比較的早く済むらしいです。それでも30分から45分ぐらいはかかると言うことなので、無料バスに乗って国内線ロビーに行き、郵便局で用事を済ませ、店を見たり展望デッキから外を眺めたりして1時間半ぐらいして戻ってきたら、開通していました。そこでスマホにSIMを挿して、通信できることが確認できれば手続きは終了となります。そう言えば、APNとかも、店員さんがサクサク設定してくれました。

              そんな感じなので、特に国内線ロビーに用事が無ければ、到着後すぐにSIMの購入を済ませ、そのまま国際線ロビーの店で食事でもするのが、待ち時間の使い方としては丁度良い感じがしました。

              今回使ったスマホはSonyのXperia E3で、巷ではSonyの最後の廉価版スマホと呼ばれている機種です。100ユーロでおつりがくる、貧乏人用LTE対応スマホw

              で、買ったプリペイドSIMを実際に使ってみた感想は、「普通に使えるね」ってところです。通信速度もLTEで不満なく、通話も問題なくできて、5000円でこれだけ使えるなら次もまた買おうかなって感じです。

              ちなみに、帰り際に空港でデータ通信量を確認してみたら、42 MBしか使っていませんでしたw

              まあ、主にホテルのLANに会社と私用のノートPCを2台つないで使っていたので、出先でのデータ通信は電車の時間とか経路の検索と、訪問先に行くのにマップを使ったぐらいでしたしね。使用量が少なかったのは確かですが、それでも無いと困るんですよねぇ。

              そんなわけで、日本帰国時に使う通話可能なスマホ用SIMをお探しの方は、こちらのSIMを検討してみてはいかがかと思います。
              ドイツ携帯、PC、家電関係comments(4)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

              Windows 10とシングルコアのノートブックの話とか

              2015.11.24 Tuesday
              0
                家族や知り合いのPCにWindows 10をインストールした話はこの辺に書きましたが、お義母さんの使っているノートブックがまだでして、これがCeleron 900にRAM 4GBとSSD 64GBでWindows 7 Home Premium 64bitという構成でした。

                Celeron 900は2.2 GHzで、Core 2 Duoの劣化シングルコア版って感じのCPUです。発売開始が2009年の第一四半期のようなので、大まかに7年ぐらい前のCPUですね。

                しかも、当時でさえ廉価版の性能の低いモデルw

                あまりにも遅かったので、少し前にHDDからSSDに入れ替えて少しましになったのですが、お義母さんから動作が重いという苦情が出たので、OSのクリーンアップという意味も含めてWindows 10をインストールしてみました。

                今なら、まだタダだしw

                元が64bitだったので、アップグレードはWindows 10 Home 64bitになります。ここが未だに悔やまれるところなのですが、性能の低いPCにはWindows 7の時点で32bit版をインストールしておくべきでした。ただ、これだけは今更アップグレードで変更できないので、仕方なく64bit版をインストール。

                で、SSDが64 GBしかないこともあり、インストールの途中で空き容量が足らないというメッセージが出て、それに従って不要ファイルを削除しても先に進めない状況になり、難儀しました。これは、適当に何度か空き容量を増やしつつ、再起動しながらインストールすることで、なんとか回避できました。なんか、空き容量のあるUSBメモリを挿すことでも、回避できたみたいではありますけれど。

                インストール前にWindows 7の状態でバックアップを取ったりしていたので、実際にインストールが始まるまで、3時間ぐらいかかりましたw

                一度インストールが始まってしまうと、後は問題なく進み、インストールは完了。作業は自動的に進むので時間はよく見ていませんでしたが、1時間から2時間もあれば終わると思います。

                長かったのは、そこから先のアップデートですね。ここはインターネット回線の遅さとシングルコアCPUが効いてくるところで、かなり時間がかかりました。シングルコアCPUだと負荷が100%に到達してしまい先に進まないので、辛いと感じたところです。まあ、夜中に自動アップデートすれば大した問題でもないのですが。

                結局のところ、バックアップを取ってOSをインストールし、アップデートが全て完了するところまで入れると、作業全体で12時間ぐらいかかりました。

                同じ作業は、もうやりたくないですw

                Windows 10をインストールした後で少し操作してみましたが、数年使い込まれたWindows 7に比べると、確かに動作は軽いですね。ただ、OSのクリーンインストール後はいつもこんな感じなので、これだけで判断してしまうのも、ちょっと危険な気がします。

                考えられる使用範囲で一通り、Firefoxでブラウジング、ビデオ再生、フラッシュサイト表示、MS Officeの起動と使用あたりを試してみましたが、通常の使用では全く問題が無いぐらいの速度はありました。特にビデオ再生とフラッシュサイト表示で、Windows 7よりも負荷が上がらずにスムーズな感じがしました。まあ、さすがにCPU負荷が100%になってしまうとどうしようもないのですが、そこまで負荷が上がらない状況では、SSDと4 GBのRAMのおかげで十分な速度が出ている感じです。

                お義母さんはもっと性能のある新しいノートブックに買い換えたいみたいなのですが、Windows 10を入れてこれぐらいの性能があれば、エロサイトとか危険なサイトのアタック用サブ機か子供用に私が引き取っても良いぐらいです。

                そんなわけで、シングルコアCPUの古いPCでも、SSDと十分な容量のRAMがあれば、Windows 10で使えそうですねって話でした。

                まあ、お金がある人は、サクッと買い替えた方が幸せになれると思いますけどねw
                 
                8639
                ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

                WindowsアップデートでOutlookが強制終了してしまう問題のこととか

                2015.11.12 Thursday
                0
                  今日メールをチェックしていたら、特定のメールを表示するたびにOutlookが強制終了してしまう問題が発生しました。

                  動作をチェックしていたら、いくつかのHTMLメールの特定の位置を表示するときにクラッシュするようなので、ネットで原因を検索。

                  えーっと、昨日のWindowsアップデートが原因みたいですねw

                  KB3097877というアップデートのせいらしいので、これをアンインストールしました。

                  使ったコマンドは、これ。
                  wusa /uninstall /quiet /forcerestart /kb:3097877

                  なんか、シャットダウンに入って10分ぐらいしても終了画面から動かないので、ハードウエアごとリセットしたら、アンインストールも完了して、Outlookの強制終了も直っていました。

                  再起動は手動でも構わないみたいなので、こちらのコマンドの方でよいのかも。
                  wusa /uninstall /quiet /norestart /kb:3097877

                  まあ、この手の作業は自己責任(略

                  それよりも、Microsoftは不具合のあるアップデートを流すのを止めてくださいw

                  追記:
                  今流れているアップデートは修正済みのようなので、皆さん安心してくださいw
                  ドイツ携帯、PC、家電関係comments(2)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

                  ドイツ語のWLANの読み方の話とか

                  2015.11.06 Friday
                  0
                    検索キーワードで「WLAN ドイツ語 読み方」と言うのがあったので、その話でも。

                    短縮前の名称はWireless Local Area Networkで、ちょっと短縮するとWireless LANになり、日本語だとワイヤレスLANとか無線LANになります。

                    で、これを更に省略するとWLANになるわけですが、ドイツ語読みだとWとLANの組み合わせで、「ヴェー ラン」になります。完全にドイツ語にするとdrahtloses lokales Netzwerkになるらしいですけど、私の会社のドイツ人も皆、ヴェー ランって言ってますね。
                    ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ

                    プリペイドSIM LIDL Connectの話とか

                    2015.10.30 Friday
                    0
                      なんか書き忘れていたような気がしていた事があったのですが、最近のプリペイドSIMについてのコメントで、やっと思い出しましたw

                      これ

                      ディスカウントスーパーのLIDLのプリペイドSIMが、今月からVodafoneベースに変更になったって話です。以前ここにも書きましたが、LIDLのSIMは、9月末までO2/FONICベースでした。通信網がVodafone系に替わることで、通信品質の向上が見込まれます。

                      それで何が書きたかったかと言うと、SMART Sという通常月に7.99ユーロのコースが、今月中にアクティベーションをすると、12ヶ月間は4.99ユーロで使えるって話です。

                      料金体系なんかはこの辺で見てもらうとして、SMART Sは通話とSMSで合わせて300単位(1単位は通話1分またはSMS1通)と、300MBまで14.4 Mbit/sで接続できるデータ通信(それ以上は速度制限)のコースです。

                      で、私も試しに買ってみようかと思ったのですが、細かい注意書きのところを読んで、止めましたw

                      その理由は、チャージが月に4.99ユーロ引かれるのではなく、7.99ユーロ引かれて3ユーロ戻されるからです。これがどういうことかと言うと、9.99ユーロでSIMを買って最初にもらえるのが10ユーロで、そこから最初の月に7.99ユーロ引かれて3ユーロ戻されるので5.01ユーロの残となり、次の月は7.99ユーロ引けないので、チャージが必要となります。おまけにチャージできるのが5、15、30ユーロだけなので、どの組み合わせでチャージしても、最後に大体5ユーロ残ることになります。そんなわけで、チャージ無しで試せるのが最初の1ヶ月だけで、途中で使うのを止めようにもチャージが5ユーロ残るという、短期間に少し試すには、ちょっとイヤーンな感じなのですw

                      でも、割引価格で12ヶ月使うのであれば割安なので、Vodafone系を試して見たい方にはお勧めです。

                      上に書いたように、12ヶ月間の割引価格には今月中のアクティベーションが必要なので、注意。

                      まあ、明日までにアクティベーションしないと割引価格にならないって事ですねw
                      8338
                      ドイツ携帯、PC、家電関係comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ
                       

                      プロフィール サイト内検索
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>
                      新しい記事 コメント
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        o3exe (08/19)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        o3ex (08/19)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        ai (08/19)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        o3exe (07/13)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        拙和 (07/12)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        o3exe (07/12)
                      • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
                        拙和 (07/11)
                      • DHLのスーツケース配送サービス - DHL Reisegepäck
                        o3exe (01/30)
                      • DHLのスーツケース配送サービス - DHL Reisegepäck
                        しょーた (01/29)
                      • DHLのスーツケース配送サービス - DHL Reisegepäck
                        o3exe (01/22)
                      アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
                      qrcode
                      Others ムームードメイン
                          

                      ページの先頭へ