<< 最近はガソリンが安いですね | main | ドイツ語のWLANの読み方の話とか >>

少し気になった記事の話とか

2015.11.05 Thursday
0
    これ。
    意外に素直に謝ったフォルクスワーゲン

    ここの部分。
    >別日の記者懇談では、来日したVWの電装品担当エンジニアがスキャンダルについて言及。彼いわく今回の問題は「ごく少人数で行われた恐ろしい仕事」だそうで、要するにプログラム書き換えは、中身をいくら詳細にその筋のプロが見ても絶対に分からないものだという。いわばスポーツ界でいうドーピングさながらの行為であり、まず発覚しないだろうとの予想の下で少人数により行われたらしい。逆に言うとVWトップはこの件を全く知らなかったわけで、発言を信じるとするとVW経営陣に悪意はなかったことになる。早く真相が明らかになってほしいものだ。

    えーっと、プロが見て分からないプログラムの書き換えって何?

    特定の条件を検出してモードを切り替えるプログラムが入っていても、プロだと分からんってこと?

    そして、VWの品質管理って、ザルってこと?

    少なくとも、そういう動作を実装するように指示した管理職、切り替えプログラムを書いたエンジニア、期待通りの結果が出る事を確認したテスター、それを承認した品管、できたものを製品に搭載するように手配したエンジニア、それがVWでもAudiでもSkodaでもSeatでもグループ中の全ての車に搭載されるように手配したエンジニアあたりが居て、それが数年に渡って機能するような組織的なシステムが社内にあったって事じゃないの?

    それって、「ごく少人数で行われた恐ろしい仕事」なんでしょうか?

    不正が組織的に行われていましたって事なら少なくとも会社組織としては機能していたわけで、社内のごく一部の人間が勝手にやってて会社組織として把握できていませんでしたって事ならば会社自体が組織として機能していないと言うことなので、会社的には余計に恥ずかしい話なんじゃないかと思うのですが。

    実際に会社としての公式発表がまともに無い状況で、記事に名前も出ないエンジニアが記者懇談の内輪で話したことなんて、マスコミが記事にして何の意味があるのか私には分かりませんが、すごく興味深いですねw

    今度はガソリンエンジンの二酸化炭素排出量も操作してましたなんて話が出てきて、この騒動は収まるどころか、絶賛炎上中ですね。これって税金の優遇にも関係し、今さら差額を所有者に請求するわけにも行かず、最終的にはVWグループが負担することになる方向で報道されています。あと、今まで含まれていなかった3リッターディーゼルも疑惑の対象となり、ポルシェも巻き込まれそうな感じだったりしますしね。まあ、この話は、この先も長引きそうですね。
    雑談、その他comments(0)trackbacks(0)|-|by おっさんエグゼ
    コメント









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
     

    プロフィール サイト内検索
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    新しい記事 コメント
    • ドイツのプリペイド携帯について
      o3exe (05/19)
    • ドイツのプリペイド携帯について
      lele5 (05/18)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3exe (08/19)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3ex (08/19)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      ai (08/19)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3exe (07/13)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      拙和 (07/12)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3exe (07/12)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      拙和 (07/11)
    • DHLのスーツケース配送サービス - DHL Reisegepäck
      o3exe (01/30)
    アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ