<< コロナウイルスの感染経路の話とか | main | ヨーロッパはウイルス拡散しやすいと思った話とか >>

ウイルスによるドイツの会社の時短勤務の話とか

2020.03.31 Tuesday
0

    しばらく放置していたブログに、ここ数日、続けて投稿しているおっさんです。

     

    理由は簡単なんですけど、ドイツの多くの会社と同様、ウイルスの影響でうちの会社も在宅勤務となりまして、さらに時短勤務も加わり、割と暇になったからですw

     

    で、ドイツ語で在宅勤務は「Homeoffice(ホームオフィス)」、時短勤務は「Kurzarbeit(クルツアルバイト)」となります。超久しぶりの豆ドイツ語w

     

    そんなわけで、少しドイツの時短勤務の話でも。

     

    今回の時短勤務はコロナウイルスの影響で割と特殊なケースですが、通常は経営難とか破産直前で会社が傾いたような場合(これも経験済みですw)に適用されます。

     

    時短勤務中は、カットされた勤務時間分の給料は、会社からは支払われません。それに代わり「Bundesagentur für Arbeit」(労働局みたいなものです)から、カットされた給料の手取りの60%(子供手当などを含めると最大67%)が支払われます。これは会社側で受け取り、通常の給料のように支払いされます。

     

    例えば時短勤務で労働時間が50%減とすると、会社からもらえる給料が50%で、損失となる残り50%の手取り分のうち60%が補填される形となり、最終的には通常の手取りの80%が支払われることになります。

     

    勤務時間半分で、給料8割とかお得w

     

    まあ、普通に働いて給料10割もらう方が健全ではありますが。

     

    で、その補填分のお金がどこから出ているかと言うと、毎月「Bundesagentur für Arbeit」に少なからず分捕られている支払っている失業保険からです。補填率も通常の失業時の支払いと同じですし、システム的には失業保険と同じものが適用されている形のようです。

     

    個人的には、しばらく無意味に支払い続けてきた保険から、やっと返金される機会ができたって感じもありますね。

     

    そんなわけで、ドイツの時短勤務の話でした。

     

    6217

    ドイツ生活comments(0)|-|-|by おっさんエグゼ
    コメント









     

    プロフィール サイト内検索
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>
    新しい記事 コメント
    • Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか
      おみ (05/05)
    • Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか
      o3exe (05/05)
    • Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか
      おみ (05/04)
    • Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか
      o3exe (05/03)
    • Windows Home ServerへのUEFI/GPT環境のバックアップで悩んだ話とか
      おみ (05/03)
    • ドイツのプリペイド携帯について
      o3exe (05/19)
    • ドイツのプリペイド携帯について
      lele5 (05/18)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3exe (08/19)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      o3ex (08/19)
    • DHLとDeutsche Postの郵便物の追跡について
      ai (08/19)
    アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ